ARTICLE

デビュー小説『夢幻のミーナ』

新しいクラスで友達を作らずに孤立する、中学二年生のナミ。寂しさ募るある日、ワインレッドの絵筆に乗る魔女ミーナと出会った。

本人ではなく、学校に来ない友達を待つ側の生徒に目を向けた作品です。黙って孤独に耐えている生徒もいるということに、気がついて欲しいのです。



短編集『鈴と車輪のメッセージ』

千鳥足の犬
諦観禀空
鈴と車輪のメッセージ